本文へスキップ

尿もれの漢方鍼灸             (大阪から7分,阪急「三国駅」」南出口徒歩0分)

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.06−6393−0505

住所:大阪市淀川区三国本町3-36-7 2F
大阪鍼灸 不妊鍼灸 小顔美容鍼灸 顔面マヒ 円形脱毛

尿漏れの鍼灸治療

男女に限らず、尿漏れに悩んでいる人は非常に多く、誰にも相談できずにいるのが現状です。そして相談できず様々なストレスを抱えて心にも大きな苦痛を与えているのです。この尿漏れは成人女性の4人に1人が経験しています。決してあなた一人だけが悩んでいるのではないのです。

尿失禁はよくみられる症状で、たいていは治療が可能で完全に治癒する場合も多いのですが、しばしば診断や治療を受けずに放置されています。尿失禁があっても治療を受けようとしない人が大勢いるのは、普通の老化現象だと誤って思いこんだりしているためです。

尿失禁はさまざまな合併症を引き起こします。尿失禁を適切に処置しないと、膀胱や腎臓の感染につながります。また特に高齢者尿失禁では、尿が皮膚を刺激するために皮膚の発疹や床ずれができやすいです。

当院の鍼灸技術とは、院長が1998年大学時代から東洋医学を学び、中国伝統鍼灸技術を研究し、中医病院、鍼灸院にて鍼灸技術を磨く、沢山の臨床経験を積み、中国・日本の鍼と灸術に特化し、圧倒的に高い施術効果を実現しています

当院のこだわりお知らせ

  • 完全予約制です。

    予約制にて待ち時間がほとんどなく鍼灸治療を受けられます。 ただし、患者さんに丁寧な鍼灸治療やサービスをご提供出来るよう、一日に予約をお取りできる枠には限りがございます。 ご希望のお時間に添えない場合は何卒ご容赦ください。
  • 駅から0分の便利な立地

    阪急三国駅 から0分

当院の鍼灸施術の実績お知らせ

※当治療の効果には個人差があります。

▲最初はどのような症状?
頭痛・肩こり
▲通院後の症状の変化?
頭痛がなおって、首まわりのコリがとれた。じんぞうも調子が良くなかったらしが、
少しずつ血尿回数も減ってきた。
▲鍼灸治療を受けてみてどう?
目に見える効果が出てきているので、治療を受けて良かったと思う。
▲当院の治療どんな人に勧めたいですか?
知人

・その他の症例多数がごさいます。

尿漏れの防止方法お知らせ

「薬で尿漏れ治療」

交感神経に働きかける薬で、尿道を締めたり筋肉を収縮させる方法。
しかし、種類によっては、血圧が上昇したり、便秘や眠気を誘発したりといった副作用があり、エストロゲン剤では、子宮ガンなどの発症率を高める恐れもあると専門医は指摘しています。

「手術で尿漏れ治療」

女性の場合で、出産などで緩んでしまった筋肉を手術で短くしてしまう方法。
入院、手術が必要ですが、根本治療になりますので再発の可能性はほとんどありません。

「尿漏れ防止体操法」

日本コンチネンス協会が薦める「骨盤底筋体操」です。
骨盤底筋を鍛え、漏れを防止する運動です。

「鍼灸で尿漏れ治療」

漢方鍼灸(東洋医学)に基づいた考え方で、ホルモンのバランスなどを整えて尿漏れを根本的に改善していく施術をおこなっています。

尿失禁の多くは針灸治療によって症状を大幅に軽減することができます。針灸治療の他、尿失禁の患者は膀胱の機能、薬や水分摂取の効果、排尿と排泄習慣などについての指導を受ける必要があります。

なぜ遠方からの患者が多いの理由

施設写真
当院鍼灸技術は院長が17年間の治療経験から生み出された療法です。一般な鍼灸院や整体院よりも圧倒的に高い施術効果を実現しています。
当院ではがもっとも重視しているのは「体づくり」という点です。体に元々備わっている自然なリズムを取り戻すことで、自然治癒しやすい体に導いていくのです。

施設写真

当院では、証に基づく病の本質に対するアプローチ(本治法)個々の病態にあわせた治療方針を立て、実践することをモットーとしております。

施設写真

使い捨ての鍼、フェイスぺーパーを使用しています。
イトークレブ(病院専用の消毒機械)を使用して、衛生面を徹底的に管理しています。

施設写真

当院では、ご来院の方の状況をしっかりと把握するため、東洋医学の「問診」「脈診」「舌診」「腹診」と西洋医学の検査法を合わせて、検査を行います。

当院院内

安心、安全の治療環境をご提供いたします。お問い合わせ 顔面神経マヒ、鍼灸、けいれんなど

あさひハリニック鍼灸院あさひハリニック鍼灸院

〒532-0005
大阪市淀川区三国本町3−36−7 2F
TEL 06−6393−0505
FAX 06−6393−0505
院長:劉 国新